疎開サロンは、台東区を拠点に活動する演劇ユニット。主宰者は、演出家の田丸一宏を中心に、俳優、音楽家、カメラマンの4名である。演劇というひとつのツールをきっかけに集った非日常空間が、参加者の体験・実験の場となり、そのひとりひとりのそれぞれの人生や社会が豊かになることをモットーにしている。普遍的な人間社会のテーマを持つ世界の名作がわたしたちのバックボーンにあると考え、その中に現代人・日本人の社会性・地域性を活かした演劇の可能性を探る。

 

これまでの上演

2013/03/15~18 『オイディプス』 原作:ソポクレス 演出:田丸一宏 場所:乃木坂COREDO

2014/01/28~30『エレクトラ』 原作:ソポクレス 演出:田丸一宏 場所:絵空箱

2014/09/18~23『Play』 作:サミュエル・ベケット 演出:田丸一宏 場所:ストライプハウスギャラリー

2015/01/29~31『三文オペラ』 作:ベルトルト・ブレヒト 演出:田丸一宏 場所:絵空箱

2015/10/02~04『道成寺 弱法師~近代能楽集ノ内~』 作:三島由紀夫 演出:田丸一宏 場所:市田邸

2016/01/22,29   APOFES2016参加『どこで生まれてどこへ行くのかもわからない女ーマーシャ』 原作:アントン・チェーホフ 構成・演出:田丸一宏 場所:アポックシアター

2016/03/31~04/03『タルチュフ』 作:モリエール 演出:田丸一宏 場所:SOOOdramatic!

2016/05/03,04   d-倉庫現代劇作家シリーズ6参加『芝居』 作:サミュエル・ベケット 演出:田丸一宏 場所:d-倉庫

2016/09/22~25『牡丹燈籠』 原作:三遊亭円朝 演出:田丸一宏 場所:市田邸